2012年3月

あれから1年、、、、、、

3月11日、あの東日本大震災から1年が経ちました。

去年のあのとき、僕らは白馬で全日本技術選の真っ最中。

そして、今年も聖地白馬で技術選を滑ることができたことを、深く感謝しながらも、

10日の準決勝の日には、一路、被災地大槌町へ向かっていました。

僕にとってのこの1年は、スキーヤーである前に僧侶である。

そんな覚悟が出来た1年でもあり、

11日当日には、大槌町吉里吉里の吉祥寺に馳せ参じていたのでありました。

IMG_6735 (800x533).jpg
 

 

 

 

 

追悼法要、そして行脚、浜辺での供養、黙祷、献花と、

一日を通して、亡くなられた御霊を供養させていただいたのです。

浜辺を歩いても、今は何もありません。

あるのは、瓦礫の無くなった土地だけ。

被災された方のほとんどは、仮設住宅へ住み、仕事を見つけながら暮らしています。

お年を召された方は、仮設では死ねないと、いつか必ず自分の土地に住みたいと言います。

家族を持たれている方は、内陸でもいいから家族を養うために仕事を見つけたいといいます。

そんななかで、未来に自分を見出すことができず、自ら命を絶つ方が少なくないのも事実です。

IMG_6980 (800x533).jpg

IMG_7041 (800x533).jpg

 

 

 

 

 

僕らが出来る事。

それは、そんな方々に少しでも寄り添ってあげられること。

これからも、傾聴、行茶がなくてはならないのだな、と思う一日なのであもありました。

そして、僕らだけでなく、遠くは北海道や九州からも駆けつけた仲間がいます。

彼らの思いがあってこそ、岩手は前に進んでゆけるのだとも思います。

沢山の後押し、ありがとうございます。

 

そんな、「お互い様」のスピリッツが、日本人の真骨頂であり、

日本人のスピリッツなのです!

脚元を確かに、しっかり前を見て進んでいきましょう。

Posted on 2012.03.14

このページの先頭へ

第49回全日本スキー技術選手権

僕にとって20回目の出場となる全日本スキー技術選手権を滑りぬいて参りました。

といっても、準決勝に進むことはできませんでしたが、復帰して3年目、徐々に順位を上げ、

準決勝まであと1点の125位で、僕的技術選を終了しました。

大学3年の時に初出場して以来、20回目となる全日本。

大本山總持寺へ修行に行くために、引退したのにも関わらず、

続けることに意義があると決意し復帰し早3年。

八方__.JPG

DSC_0715.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

いろいろな思いを持って、

そして、突然の地震で未曾有の大震災を乗り越え、

今年は出場できるかどうかもわからなかった今シーズン。

なんとか出場することができ、岩手の子供スキーヤーに夢をもってもらえればと思い、

頑張って滑り切りました。

全日本での成績を引退前にまで復活できることで、

復興の起爆と出来るのではないかと思った今年の第49回全日本スキー技術選。

それでも、予選2日目の苦手の大回りで、17位となる点数が出せたとき、

応援してくれた三枝さんの歓喜の声と、

前の日に、ギリギリの時間まで練習に付き合ってくれたコーチ陣の祝福の笑顔を見て、

なぜだか涙が溢れてきた僕。

やっと戻ってきた感触に喜びを感じたのでしょうか。

スナップショット 1 (2012-03-10 22-21).png

 

 

 

 

 

 

思いは叶いませんでしたが、もう少しの所までこれたのも、

応援してくれた仲間のみなさん、

僕のわがままを聞きいれてくれたメーカー各社のみなさん、

雪の上に立つことを黙認してくれる、わが師ラオウ、

幟を立てて応援してくれる奥様、

さらには、滑ることを本当に楽しむ大船渡スポーツ少年団の子供たち、

皆さんに感謝です。

DSC_0708.JPG

 

 

 

 

 

 

 

そして、また来年、

第50回目を迎える全日本スキー技術選に向かって進むことが出来ればとも思っています。

最近では、三枝さん以外にも、小さな彼女も応援してくれる技術選。

いつか彼女も、このゲートをビブを着けてくぐる日が来るのでしょうか?

Posted on 2012.03.10

このページの先頭へ


1

サマーバケーション
2度目のスキー選手を引退すると、なんともあっさりとシーズンを終え、和尚として布教師としての任を淡々と遂行する日々を過ごし、自分がスキーヤーであることはすっかり忘れ去られつつある今日この頃でありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私はと言...
2017.08.06
寺子屋まつり2017
7月23日、今年で6回目となる『永昌寺寺子屋まつり』が開催開催されました。当日はあいにくの雨降りとなってしまいましたが、雨でも開催できるのがお寺の本堂です。第1部は、みんなで坐禅。およそ60名の方々が静かに座り、心を調えました。この後は、『...
2017.08.05
布教師養成所という所
今年度で7年目となる曹洞宗の布教師養成機関、『曹洞宗宗務庁主催布教師養成所』。例えて言うところの、魁男塾的な布教師を磨き、僧侶を磨き、漢を磨く所です。不眠不休の五日間。年々睡眠時間が少なくなり、1日2時間という睡眠時間の中、全国から集まる7...
2017.06.10
シーズンオフ?
巷では、来シーズンへの準備が始まっている模様でありますが、私のシーズンオフはいつだったのかと言われると、定かではなく、月山に行こうと思っていたものの、結局行けずじまいな今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?私的には、とっ...
2017.06.04
大本山永平寺
此処は大本山永平寺!もはやスキーヤー率は20%台まで落ち込んできている今日この頃、和尚さん率は8割に近づきつつある今月今日。5月1日よりの本山布教師の役割を明日の15日で終えようとしております。ここは深山幽谷、坐禅修行の第一道場、お釈迦さま...
2017.05.14