2012年2月

スキー大好き、笑顔いっぱい!

2月26日、花巻市 鉛温泉スキー場に

大船渡スキースポ少の少年少女が招待されました。

DSC_0663.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0667.JPG
DSC_0670.JPG

 

 

 

 

 

 

この日は、花巻市民スキー大会が開催され、大船渡のみんなも大会に参加しました。

そして、私は禅僧なゆえに前走を務めさせていただいたのです。

で、岩手に引っ越してきた、カメラマンマサイさんには滑走写真を撮っていただきました!

 

急斜面にビックリ、大会の雰囲気に緊張を感じる子供たちですが、

やはり、スキー大好き!終始笑顔いっぱい!

大会が終わって、美味しいお弁当も食べ、

午後も一緒に滑りまくりました!

帰りのバスでは、きっといい夢見ながら帰宅したことでしょう。

 

彼らには大きな夢を持って成長してもらいたい、

なので、来月、再来月も一緒に滑る約束をしてお別れしました!!

Posted on 2012.02.27

このページの先頭へ

布教師養成所という所

朝五時半に起き、まず坐禅、朝のお勤めをしたらお粥の朝食。

朝8時から夜の9時までは、講義もしくは法話の実演。

講義の間の約5~10分と食事の15分ほどの時間以外は、ずっとお勉強という5日間。

その間は、正座か坐禅で聞いている、膝蓋靭帯や外側広筋、大腿筋膜張筋が痛み、

歩くこともつらい状態になる。

それが、僕が今年から門を叩いた、「布教師養成所」というところなのです。

曹洞宗の布教師を育成する、いわばスキー界でいうところのブンデスみたいな、

日本の八方みたいな、かつての浦佐みたいな所。

もっと解り安く言うと、競輪学校のような海猿のような所です。

体育大学に進んだ僕は、お釈迦様やら祖師方のことなど勉強したこともなく、

本山修行でも修行はしても、お勉強はあまりしないため、

このような所へ行かない限り、祖師方の書いた書物と触れ合うことも、

それを法話にしていく方法を学ぶことなどしなかったであろう僕。

全日本デモ選の勉強や全日本デモ合宿での研鑽のそれ同様というよりは、

それ以上の努力をこの養成所では必要とされます。

寝る時間は毎日3時間ほど。それが5日間。

自分が法話実演をするその寸前まで、自分の法話を磨き、

仲間の法話を聞き、その評価をしながら自分の法話も磨く。

数々の講義を受け、社会人としてのスキルも上げていく。

それが、布教師養成所なのです。

fukyoshiyoseijo1 (800x600).jpg
fukyoshiyoseijo2 (800x600).jpg

 

 

 

 

 

 

fukyoshiyoseijo3 (800x600).jpg
fukyoshiyoseijo4 (800x600).jpg

 

 

 

 

 

 

 そして、年3期あるその養成所も、つい先日修了したのです。

辛くもあり、楽しくもある。

僕は、この養成所に初めて来たとき、日体大を受験し入学した時を思い出しました。

みんなが、仲間意識をもって同じ方向に向かっている。

辛いことは、みんなで乗り越える的な。

そんな、仲間が全国的にできる場所でもあるのです。

修行とは、修行し続けることこそが大切だと、

道元禅師の書した「学道用心集」から学び、

全日本スキー技術選へも出続けることが、修行なのだとも思えるようにもなりました。

FreeNatural M4_31 (800x533).jpg

 

 

 

 

 

 

そして、この布教師養成所と真剣に向き合うために、

僕はSAJデモンストレーターを今季限りで辞めようと覚悟しました。

いつか覚悟ができると思いつつ、復帰させていただきましたが、

それが、この養成所での出来事でした。

スキーと坐禅。スポーツと坐禅を布教できる日を信じて、

仏道へまた一歩踏み込みたいと思います。

とはいえ、20回目の全日本を楽しみたいと思います。

Posted on 2012.02.23

このページの先頭へ

20th Anniversary!!

一度引退して5年。

復帰してしまって3年。

なぜ、復帰したのでしょうか。

大本山での修行中の出来事です。

いつものように塔婆をせっせて書いています。

そこにいつものように先生がいます。

先生が「伊達君子」が復帰してフィンブルドンで活躍しているよと教えてくれます。

新聞や情報が遮断されている僕は、「????」という感じです。

なので受付にある唯一の新聞をバレないようにチラ見すると、そこには気合の一打を打ち込むダテックがいる。

塔婆小屋へ戻ると、先生が「あなた、なんでスキーやめたのか?」と聞く。

僕「本山に来るためですよ」

先「じゃあ、あなたも戻ったら復帰しなさいよ」

僕「いやいや、引退したので」

先「修行に終わりは無いんでしょ?」

僕「そうですね」

先「じゃあ、もう一度やりなさい」

僕「はい」

DSC03086.JPG

 

 

 

 

 

 

 というお坊さんではない、一般女性である筆耕の先生が、僕を指導してくれたのです。

なにせ、毎日毎日せっせと塔婆を書いているこの小屋には、オガサカの事務所と同様に、

ずらっと板が並んでおり、長短二種類の板が何百本とあるのです。

本山でも板に囲まれる生活をしていた僕は、ここを出れたらまたやってみるかという気分になったのでした。

そして、大本山總持寺を出て3年。

2年のブランクを経て、3度目の全日本。

坐禅のこころがスポーツに通じるかの実験が始まって三年。

只管打坐 調心 調息 調身を貫いて三年目。

ついには、今回で通算20回目の全日本スキー技術選手権となります。

まだまだ諸先輩には、一樹さん、豊野さん、竹鼻さんがおられますが、

つまづきながらも20回。

予選落ち補欠、東京都優勝、そして本山修行を経て20回。

ヨシマル~オガサカ~トップトラベル~總持寺~永昌寺を渡って20回。

岩手に移籍して、新たな仲間も増え、

昔の仲間との交流も復活し、

ついにはお坊さんの中にもスキーをする仲間も見つけ、

新たな一歩への道も見えたり見えなかったりの今日この頃。

まずは、心おきなく20回目の全日本を滑りたいと思います。

Posted on 2012.02.09

このページの先頭へ


1

サマーバケーション
2度目のスキー選手を引退すると、なんともあっさりとシーズンを終え、和尚として布教師としての任を淡々と遂行する日々を過ごし、自分がスキーヤーであることはすっかり忘れ去られつつある今日この頃でありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私はと言...
2017.08.06
寺子屋まつり2017
7月23日、今年で6回目となる『永昌寺寺子屋まつり』が開催開催されました。当日はあいにくの雨降りとなってしまいましたが、雨でも開催できるのがお寺の本堂です。第1部は、みんなで坐禅。およそ60名の方々が静かに座り、心を調えました。この後は、『...
2017.08.05
布教師養成所という所
今年度で7年目となる曹洞宗の布教師養成機関、『曹洞宗宗務庁主催布教師養成所』。例えて言うところの、魁男塾的な布教師を磨き、僧侶を磨き、漢を磨く所です。不眠不休の五日間。年々睡眠時間が少なくなり、1日2時間という睡眠時間の中、全国から集まる7...
2017.06.10
シーズンオフ?
巷では、来シーズンへの準備が始まっている模様でありますが、私のシーズンオフはいつだったのかと言われると、定かではなく、月山に行こうと思っていたものの、結局行けずじまいな今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?私的には、とっ...
2017.06.04
大本山永平寺
此処は大本山永平寺!もはやスキーヤー率は20%台まで落ち込んできている今日この頃、和尚さん率は8割に近づきつつある今月今日。5月1日よりの本山布教師の役割を明日の15日で終えようとしております。ここは深山幽谷、坐禅修行の第一道場、お釈迦さま...
2017.05.14