THE ZEN WARS

THE ZEN WARS Episode 7 ~修業僧の夜明け~

ついに始まった看読寮生活!

4時30分に起き、

暁天(朝の坐禅)

朝課(朝のお勤め)

そして小食飯台(朝食)

もちろん、朝ご飯はお粥である。

ご飯を食べるのも作法があり、5分ほどの唱え言を唱える。

そして、みんな一斉にいただきますをして静かにいただく。

箸の置き方、器の持ち方置き方も決まりがあり、音を立てずにいただくのだ。

約3分から5分でおかわりタイムとなる。

これを再進(さいしん)というが、この再進をしても、その後2分後にはご馳走様なので、

その辺は駆け引きが必要となるのである。結局、朝食べれるのは、最大でもお粥1杯半ということになる。

そして、小食が終わると、看読寮朝課。

これもお経の練習のようなものでもあり、修行僧や師匠たちの健康を願う法要でもある。

新倒全員でMAX声でお経を読む、すさまじい修羅場的お経タイムなのである。

ここでも、若干説教タイムがあり、その後、ついに長廊下清掃に入る。

これが総持寺の端から端までの板廊下を雑巾2枚で拭いていくのだ。

もちろん、両手を雑巾に乗せ、四つん這いのまま一気にダッシュ!

途中、数か所のバケツポイントがあるが、そこでは雑巾を洗い絞るのみ、

休んでいれば、古参からの罵声が飛ぶ!!

その距離約1キロ!

そして、これは中食(ちゅうじき)(昼食)の後にもおこなわれる。

朝は、ここまでがノンストップで続き、

その後は、その日の法要や作務(さむ)(掃除)をおこない、

昼、夕方までこんな感じであり、何も無い時間に、お勉強や洗濯を済ませるのである。

大変なことといえば、まだある。

お勉強は、もちろん大衣(だいえ)(黒い着物)姿でおこない、自分のカンキの前。

トイレに行くときは、トイレの前で大衣を脱ぎ、トイレから出てきたら再び大衣を着るし、

洗濯の時は、作務衣(さむえ)(作業着)に着替えておこなわなくてはならない。

とにかく修業中は、着物を着たり脱いだりする。

廊下の雑巾がけに行くにも、着物の着脱がキーポイントとなるのだ、

速く行けば、古参に消したてられる事も無い。

何をするにも着物の着脱が速いほうが、結構徳をするのだ。

F1でいえばピットインのようなもので、ここが勝負の分かれ道となるのだ。

夕方にはお風呂にも入る。

お風呂も約5分しか入る時間がないが、速く脱ぎ着ができれば1~2分は長く入れるのだ。

なので、我々にはゆっくり休む時間も無ければ、くつろぐなんて事も無い。

唯一あるとすれば、寝るという事!

そして、目を閉じると、すぐに振鈴(しんれい)(起床のベル)が鳴り響き叩き起こされるのである!!

 

Posted on 2010.10.20

このページの先頭へ

布教師養成所という所
今年度で7年目となる曹洞宗の布教師養成機関、『曹洞宗宗務庁主催布教師養成所』。例えて言うところの、魁男塾的な布教師を磨き、僧侶を磨き、漢を磨く所です。不眠不休の五日間。年々睡眠時間が少なくなり、1日2時間という睡眠時間の中、全国から集まる7...
2017.06.10
シーズンオフ?
巷では、来シーズンへの準備が始まっている模様でありますが、私のシーズンオフはいつだったのかと言われると、定かではなく、月山に行こうと思っていたものの、結局行けずじまいな今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?私的には、とっ...
2017.06.04
大本山永平寺
此処は大本山永平寺!もはやスキーヤー率は20%台まで落ち込んできている今日この頃、和尚さん率は8割に近づきつつある今月今日。5月1日よりの本山布教師の役割を明日の15日で終えようとしております。ここは深山幽谷、坐禅修行の第一道場、お釈迦さま...
2017.05.14
完全和尚形態
いつもであれば、今頃は全日本スキー技術選手権大会に選手として参加している私。和尚となっても、スキーヤーであることが忘れられず、選手として復帰しつつも、3.11には、岩手県大槌町にて供養に随喜し、全日本会場に戻るというスタイルをとっていた私。...
2017.03.14
夏油は雪満載!
北海道以外は雪不足な今シーズン!ではありますが、ここ夏油高原は雪満載です。ツリーランコースは未だクローズですが、オンコースでも深雪が、まずまず満喫できております。-- iPhoneから送信...
2017.01.09