THE ZEN WARS

THE ZEN WARS Episode 5 ~看読寮の掟~

ついに100日禁足のはじまり。

そして、我々新倒が最初に配属されるのが、看読寮なのである。

読んで字のごとく、見て読んで、そして書く・・・・・・・

この寮をまたの名を鐘司寮という。

鐘を司る役であり、お山の鳴らし物を鳴らす係であり、

お山の諸々の諸作業を円滑に進めるための準備係でもある。

なぜ看読寮というかというと、その諸々の仕事の内容が綴られた帳面を、

自分のノートに書き写し、それを書き終えた瞬間から、仕事に従事するからなのである。

書いたら覚えている!!!これが、看読寮の掟なのである。

例えば、古参和尚さんが何か教えてくれたとする。

その時点で、我々はできるという理論なのだ。

書いたり聞いたら、すぐできる。失敗せずにできるであろう。

というとが、大本山総持寺の掟なのだ。

東京都スキー連盟で例えるなら、指導員研修会の理論において、

市野さんの講演を受講した時点で、全日本技術選に出場する実力がある!!!!!

ということになってしまう。

もし失敗しようものなら、話を聞いていなかったということになり。

着座の時間が長くなる。

この失敗を「けちらす」と表現するのだが、

毎日毎日、何かを「けちらさない」ように細心の注意と、勉強に明け暮れるのが、

看読寮員の定めなのである。

看読寮の仕事には、いろいろあれども、

代表的なのは、鐘司(しょうす)、直堂(じきどう)、水頭(すいじゅう)、浄人(じょうにん)がある。

メインとなるのは、もちろん鐘司。鐘や太鼓、雲版、木版を鳴らす。

この鐘司にも、ランクがあり、鐘司當番、鐘司加番、鐘司非加番、鐘司非々加番と四ランクある。

ここで大事なのは、その4名が連携して、朝の坐禅から朝課、朝の飯台までを的確に鐘を鳴らす。

その後も、事あるごとに一日中、合図を出す為に、何かを鳴らしているのだ。

やはり中でも超重要なのは、當番であり、この者は坐禅の始まりから途中経過、終了ならびに、

朝課の進行案内までもおこなうのである。

叩く物も叩き方も叩く回数も叩く間隔も事細かに決められ、

丸一日、夜九時の就寝に至るまで、お山の全ての時間を合図するのだ。

これを頭と身体に叩きこみ、袂にしまってあるミニノートをチラ見しながら鐘を鳴らすのだ。

だが、このミニノート、持っても良いが、見ているところを人に見られてはならない!

見られようものなら・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも、朝一の鐘も、本堂での鐘も打つ時は、鐘司長(ベルボス)さんが横で見ているので、

結局見ることはできない!

秘策はあるものの、鐘司という配役の中で、最も重要であり、

最も影響を及ぼし、もっともやりたくないけどやりがいのある仕事なのだ。

そんな、鐘司當番をきっちりするために、結局寝る間を惜しんで、勉強しなくてはならないのである。

なので、結局眠れないのであり、それでも鐘司當番は、三時半には起きなくてはならないのである・・・・・・

Posted on 2009.11.13

このページの先頭へ

布教師養成所という所
今年度で7年目となる曹洞宗の布教師養成機関、『曹洞宗宗務庁主催布教師養成所』。例えて言うところの、魁男塾的な布教師を磨き、僧侶を磨き、漢を磨く所です。不眠不休の五日間。年々睡眠時間が少なくなり、1日2時間という睡眠時間の中、全国から集まる7...
2017.06.10
シーズンオフ?
巷では、来シーズンへの準備が始まっている模様でありますが、私のシーズンオフはいつだったのかと言われると、定かではなく、月山に行こうと思っていたものの、結局行けずじまいな今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?私的には、とっ...
2017.06.04
大本山永平寺
此処は大本山永平寺!もはやスキーヤー率は20%台まで落ち込んできている今日この頃、和尚さん率は8割に近づきつつある今月今日。5月1日よりの本山布教師の役割を明日の15日で終えようとしております。ここは深山幽谷、坐禅修行の第一道場、お釈迦さま...
2017.05.14
完全和尚形態
いつもであれば、今頃は全日本スキー技術選手権大会に選手として参加している私。和尚となっても、スキーヤーであることが忘れられず、選手として復帰しつつも、3.11には、岩手県大槌町にて供養に随喜し、全日本会場に戻るというスタイルをとっていた私。...
2017.03.14
夏油は雪満載!
北海道以外は雪不足な今シーズン!ではありますが、ここ夏油高原は雪満載です。ツリーランコースは未だクローズですが、オンコースでも深雪が、まずまず満喫できております。-- iPhoneから送信...
2017.01.09